いま、グローバル化と日本企業の在り方を探る

日時:2016年08月04日 15:30~17:00
8月度の”ワークデザイン・アドバンス”は、明治大学 小笠原泰先生をゲストにお迎えし、グローバル化の時代を生き延びる日本企業の在り方について、小笠原先生の知見や教育という立場での視座をもとに多面的に探求していきます。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2016年8月4日(木) 15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    OPEN INNOVATION BIOTOPE "Sea"
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    これからの働き方変革やイノベーションに
    興味のあるすべてのみなさま
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

グローバル化の時代を生き延びる日本企業の在り方とは?

近年、日本企業で標榜されるワークスタイル変革やチェンジマネジメント。その背景のひとつとして、もはや後戻りできず、さらに加速する「グローバル化」があります。このグローバル化の時代を生き延びる日本企業の在り方とは一体どのようなものでしょうか。

今回は、経営コンサルタントとして外資系企業、日本企業に勤務された後、現在、明治大学 国際日本学部 教授としてご活躍される小笠原 泰 先生をゲストにお迎えし、小笠原先生の知見、さらに教育者という立場での視座をもとに、多面的に探究していきます。

プログラム

■ゲスト

小笠原 泰(明治大学 国際日本学部 教授)

■パネリスト

上西 基弘(株式会社岡村製作所 オフィス研究所)
山田 雄介(株式会社岡村製作所 オフィス研究所)

■モデレーター

鈴木 絵美(株式会社岡村製作所)

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 プレゼンテーション
明治大学 国際日本学部 教授 小笠原 泰

クロストーク×インタラクティブセッション
小笠原 泰 ×
株式会社岡村製作所 上西 基弘 × 山田 雄介 × 鈴木 絵美
16:40 質疑応答
17:00 終了
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加頂けます。

イベントレポートを掲載しました。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。