ダイバーシティに対しどう取り組むのか
~ジェンダー、LGBTの視点から、ダイバーシティの本質を捉える~

日時:2017年04月11日 15:30~17:00
今回の”ワークデザイン・アドバンス”は、増原 裕子氏と正木 郁太郎氏をお迎えし、エビデンスと事例をもとに、ダイバーシティの本質に迫っていきます。

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2017年4月11日(火) 15:30~17:00(15:00開場)
  • 場所 :
    Open Innovation Biotope "Sea"
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート3階
  • 対象:
    これからの働き方変革やイノベーションに関心のある方
    人事、経営企画、新規事業、推進プロジェクトに携わる方
  • 主催:株式会社岡村製作所
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込み頂いても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせて頂く場合がございます。
    ※イベント当日はメディア取材(撮影)及び、弊社による撮影が入る場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

”ワークデザイン・アドバンス”は、制度/ICT/ファシリティを横断的に考える新しい「はたらく」を描くための講座。
働き方変革やイノベーションをテーマに、有識者によるクロストークや参加者も交えたディスカッションを開催します。

ダイバーシティのエビデンスと事例から本質を捉える

昨今、ダイバーシティという言葉が連日のようにメディアを賑わせ、また、様々な組織でもダイバーシティ推進の取り組みが始まっています。その一方、ダイバーシティの言葉の定義や、取り組む際の具体的な施策、実行プロセス、効果検証の仕方などはまだまだ曖昧なままです。また、エビデンスに基づく知見も日本では十分にあるとはいえない状況です。

そんな日本の社会状況を踏まえ、ダイバーシティとは、ダイバーシティ&インクルージョンとはいったい何なのか?何を具体的に実行していけばよいのか?さらに、社会のなかではどんなことが起きているのか?について、エビデンスと事例をもとに、ダイバーシティの本質に迫っていきます。

プログラム

■ゲスト

増原 裕子(株式会社トロワ・クルール 代表取締役)
正木 郁太郎(東京大学大学院 人文社会系研究科 博士課程 修了見込み)

■モデレーター

薄 良子(株式会社岡村製作所 ソリューション戦略部 WORK MILL グループリーダー Work in Life Labo. 所長)

15:00 開場
15:30 イントロダクション
15:40 プレゼンテーション
株式会社トロワ・クルール 増原 裕子
東京大学大学院 人文社会系研究科 正木 郁太郎
16:15 クロストーク×インタラクティブセッション
増原 裕子 × 正木 郁太郎 × 薄 良子
16:45 質疑応答
17:00 終了

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとして、テーマに沿った3つの枠組みに自由にご参加頂けます。

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。